CATEGORY

通信

店舗や企業用の格安IP電話番号、050番号のメリットとデメリット

050番号のメリット・デメリット
LINEで送る
Pocket

近年、企業や官公庁を含め利用が増加している050から始まる電話番号をご存知でしょうか?
0ABJ番号(市外局番)や090、080といった携帯電話番号と異なるこの050番号について説明します。

050番号とは

050から始まる「050番号」とは、総務省に050番号の割り当てを許可されたIP電話サービス事業者が付与するIP電話専用の電話番号です。
IP電話となるので利用するサービスの仕組みによってはインターネット回線や電話線が不要で利用できる非常に自由度の高い電話番号で、近年同じく固定回線を引かずに利用できる03番号や06番号などの市外局番のIP電話サービスがありましたが、総務省の意向により各社大手通信会社がサービスを取りやめていっているため、固定回線で電話を引くことにデメリットを感じる会社を始めとして安価に利用でき自由度の高い050番号の利用が増えています。

しかし050番号は、一昔前のADSLのプロバイダによるサービスや、スマホアプリで簡単に番号取得、利用ができる個人向けサービスなど、利用サービスにより音質が安定しないことが多かったため、通話音質が悪いという印象を持たれている方も多く存在します。
ですがインターネット環境が向上した現在は事業用の050番号を品質に問題ないシステムで利用すれば一般的な固定電話や携帯電話と変わらずクリアな音質で利用ができます。

そんな050番号のメリットとデメリットを、ここでは楽天コミュニケーションズが提供する事業者用050サービスの「IP-Phone」をもとにまとめます。

050番号のメリット(楽天コミュニケーションズ提供のIP-Phoneの場合)

・IP電話なので電話線やインターネット回線を工事で導入せずにも利用できる
(固定電話機で利用する場合はインターネット回線が必要)

・固定回線が必要ないので住所変更でも電話番号が変わらない

・固定回線の電話と比べて通話料金が安い

・固定回線の電話と比べて回線がいらない分基本料金が安い

・ナンバーディスプレイや転送などのオプションに費用がかからない

・固定回線の電話と比べて同時発信可能数を増やすのが非常に安い(着信に関しては制限なし)

・050番号同士は通話料金が無料

・地域性を感じさせないので広域ビジネスに向いている

・楽天グループや官公庁など多くの企業で利用されており信頼性が上がっている

050番号のデメリット

・0120番号に対して発信できないので携帯など他番号からかける必要がある

・110や119などの3桁番号に発信できないので携帯など他番号からかける必要がある

・地域性が無いため、都市に所在をアピールしたい地域ビジネスには向いていない

以上になります。
デメリットの追記として、一昔前までは通話料金や基本料が安価なため個人向けの電話営業で050番号が利用されることが多く、
050番号にいい印象を持っていない一般家庭の方もいるという点がありますが、近年は050番号より携帯電話の通話定額を利用した090や080番号での電話営業の増加により、そういった影響も薄れています。

今回ご紹介した楽天コミュニケーションズの事業者用の050番号サービス「IP-Phone」は、アプリで発番してその端末でのみ利用できる050番号とは異なり、電話番号を複数台の端末で会社番号として同じ電話番号で発着信することができる事業用の電話番号となります。
複数台の端末で利用するには、一般的な固定電話番号と同様ビジネスフォンの仕組みが必要となります。
弊社のクラウド型ビジネスフォン「GoodLine」なら電話線やインターネット回線の導入や工事不要ですぐに利用が可能です。

050番号をクラウド型ビジネスフォン「GoodLine」で利用するメリット

・専用アプリでスマホのみでの発着信ができ、複数台のスマホで同じ番号を利用可能です。

・SIP対応の固定電話機であれば、固定電話機(ビジネスフォン)でも利用可能です。

・クラウド型のため固定回線が必要ないので、停電時にも電話が使えます。

・ビジネスフォン機能はもちろん、通話録音や自動音声応答など従来のビジネスフォンには無い機能も標準搭載。

・個人事業などの小規模プランから大企業用のプランまでありどの業界にもフィットします。

・050番号以外にも市外局番や、0120番号などの番号も利用可能で同一料金で複数番号を利用可能。

以上になります。
個人事業の方から企業の方まで従来の電話と比べ、安価で高機能に利用できる「GoodLine」を是非一度ご確認ください。