CATEGORY

クラウド

【格安】フリーダイヤル0120をスマホで利用、スマホだけで電話受付

スマホでフリーダイヤル0120
LINEで送る
Pocket

着信課金のフリーダイヤルの0120番号は、
発信者は通話無料で電話をかけることができるため、
通話料金を気にせずに気軽に電話をできるということで
昔からあらゆる業種で利用されています。

しかし、一般的なフリーダイヤルの0120は固定回線の電話番号に、
特番通知という形で0120番号を乗せることで利用するので、
通常の固定電話の料金に加えてフリーダイヤルの0120利用料が発生し、
通話料金も着信した分がすべて負担になるという点でコストがかかってしまいます。

今回はそんなフリーダイヤルの0120番号を通常より安く、
なおかつ固定回線不要のスマホで発着信できるようにする方法を紹介します。

フリーダイヤルの0120はコストを下げれる

実は0120番号はNTTのフリーダイヤルだけではなく、
各通信キャリアで発番でき、ポータビリティして利用できる番号なんです。

0120といえばフリーダイヤルのイメージが強くありますが、
NTT以外のキャリアでも利用ができるためキャリアを変更したり、
あらかじめ選んで発番することで大幅に通話料金を下げることができます。

おすすめの0120サービスはフリーボイス

0120番号の取得、キャリア乗り換えでおすすめなのが「楽天コミュニケーションズ」の
提供する「フリーボイス」というサービスです。

NTTの0120番号、フリーダイヤルと比較すると通話料金が圧倒的に安くなります。
通話料金は安くなりますが、サービスに差はありません。
また、新規での発番もできる他、現状利用中のNTTの0120、フリーダイヤルも
そのまま番号を変更せずフリーボイスにナンバーポータビリティができるので
簡単にコスト削減が可能なんです。

使い勝手や番号が変わらず、通話料金がただ安くなるのであれば、
利用しない理由はありませんよね?

フリーボイス通話料

参照元:https://comm.rakuten.co.jp/houjin/fv/

個人事業主や少人数事業者が0120をうまく活用するには

そんな0120番号はさまざまな業種に人気の番号ですが、
受付でいつでも電話に出れる事業者以外では、
せっかく電話をもらっても受けることができないこともあり、
機会損失を生んでしまうケースがあります。

電話代行を利用して電話をうけてもらっても、
通常の0120の通話料金に加えて転送の通話料金まで発生してしまい
通話料金が非常に高額になってしまうのに加え、
折返し連絡になってしまうので忙しい中時間を見つけて電話をかけてくれていたり
すぐに予約や確認を取りたいお客様を逃してしまうケースにもなってしまいます。

そんな問題を解決するのがGoodLineSOHOです。

転送じゃない!0120番号はスマホだけで発着信ができる

スマホでフリーダイヤル0120発着信

GoodLineSOHOなら専用アプリをスマホに入れてIDとPASSを登録するだけで、
いつものスマホが0120番号で発着信可能な受付電話になります。

また、複数端末(スマホや電話機)で同じ電話番号での同時着信や発信が可能なので
複数人で受付をしたり、通話中の通話を他の端末に内線取次することも可能です。

スマホで0120番号を発着信できるので固定回線が必要なく、
固定回線の料金が発生しないことはもちろん、事務所や店舗以外の外出先でも
いつでも着信を受けることができるので機会損失を防げます。
万が一の折返しの際にも、お客様が発信した0120番号で折り返せるので
転送と違い携帯番号からの発信にならず心配せず出ていただけます。

発着信だけじゃない便利な独自機能

GoodLineSOHOの特徴として、0120をスマホで発着信できるというだけではなく
ビジネスの可能性を広げる便利な機能が追加料金なしの標準機能としてご利用いただけます。

GoodLine管理画面

便利な機能(一部)

自動音声アナウンスが曜日や時間帯別に流せる

休業日や営業時間外、取込中などのアナウンスをいつでもスマホから管理画面にログインして
設定することができます。

1年分の全通話履歴と通話録音が残る

1年分の全通話履歴と通話録音が残り、通話履歴に残したメモや日時、電話番号や顧客名で
検索が可能なので、メモが取れない状況での受電内容を後で確認したり、クレーム発生時の
言った言わないの防止も可能です。

過去の発着信本数を通話履歴に表示

電話帳に登録していない電話番号からの着信でも過去何回目の着信かが履歴に表示されるので、
リピーターにもすぐに気づくことができます。

クラウド電話帳で複数端末間で電話帳や応対履歴を共有

1台1台のスマホアプリに電話帳登録しなくてもGoodLineの電話帳に登録したデータが、
連動するアプリや電話機に自動反映されるので電話帳の共有や誰がいつどんな応対をしたのかを
共有することが可能です。

全通話分析で0120番号の発着信内容を「見える化」

何曜日の何時台に何本着信があり、どれくらい受電できていてどれくらい待たせているか、
このようなデータ分析が自動で行われ、グラフと表で表示されるので
重要な窓口である0120番号を「見える化」でき、ビジネスの課題を見つけることができます。
一部ですが、このような便利機能がすべて標準機能として利用いただけます。

スマホアプリでの通話品質は大丈夫なのか?

スマホで発着信するとなると、LINE通話やSkypeなどのサービスをイメージされるかと思います。
スマホアプリを利用しての通話は、実際アプリやサービスによっては問題が多いのも事実です。

よくある問題や不具合

・アプリで通話中に携帯あてに着信が来ると通話が切れてしまう

・アプリを常に起動していないと着信がならない

・端末のスペックが低いとアプリが落ちてしまう

・OSがアップデートされた直後に利用できなくなりアップデートがなかなかされない

このような問題がスマホアプリでの固定電話番号発着信サービスには多くあります。

GoodLineSOHOでは上記のような問題はなく、アプリも限定していないので
複数のアプリを選んで利用がいただけます。

まとめ

このようにこれまでコストが通常の電話よりも高く、個人事業や小規模事業では
導入するのに様々な課題のあったフリーダイヤルの0120ですが、
格安のフリーボイスとGoodLineSOHOを活用することで安価にスマホのみでの
利用が可能となっており、受付電話を構築しやすくなっています。
GoodLineSOHOはスマホだけでの利用はもちろん、固定電話機でも利用ができるので
非常に多くの業種で活用いただいております。

是非一度ご検討をお願いいたします。

GoodLineSOHOの詳細はこちら