CATEGORY

クラウドPBX

フリーダイヤル0120・0800番号をスマホで使うときに注意すべき点

スマホでフリーダイヤル
LINEで送る
Pocket

フリーダイヤルの0120番号や0800番号をスマートフォン(スマホ)で受けたい場合、
方法としてはまず、新規取得した番号か現在お使いのフリーダイヤルである0120番号や0800番号側で転送の設定をして、転送先である携帯番号宛に転送されるようにしておく必要があります。
または、スマホ1台から格安で利用できて電話回線や電話交換機不要で固定電話番号を利用可能な、クラウド型電話サービス(クラウド型ビジネスフォン)を活用して、
スマホに専用のアプリをダウンロードして、そこにクラウド型電話サービスの内線情報を登録することでスマホからフリーダイヤルを発着信できるという方法があります。

フリーダイヤルを「転送」で使う場合と「クラウド型電話サービス」で使う場合の比較

「転送の場合」

【メリット】
① クラウド型電話サービスの費用が発生しない
【デメリット】
① 通常の通話料よりも高額である転送の通話料金が0120の着信通話料に追加で発生する
(よく通話する事業者の場合、非常に高額になります)
② 1つの携帯番号にしか転送できないので、複数人で電話番号を共有して受けれる人が受けるなどの運用ができない
③ 折り返しするときに携帯番号からになってしまい、お客様に電話に出ていただけない事が多い
④ 0120番号をのせるための固定電話番号が必要となり、回線使用料が別で発生する

「クラウド型電話サービスの場合」

【メリット】
① 高額な転送の通話料金が発生しないので通話コストをカットできる
② 複数台のスマホや電話機で0120番号を共有できるので、同時発着信や同時通話ができる
③ 発信もフリーダイヤルの0120番号でできるので折り返しに出てもらえる
④ クラウド型電話サービスの種類によって、通話録音や分析、アナウンスなどの機能が使える
⑤ 固定電話回線が必要ないので回線使用料がかからない
⑥ 場所に縛られず、海外でも日本と同じ通話料金で利用できる
【デメリット】
① クラウド型電話サービスの利用料が発生する

フリーダイヤルの0120・0800番号をスマホで発着信するサービスの選び方と注意点

上記のように、スマホでフリーダイヤルの0120や0800番号を使いたい場合には、クラウド型電話サービスで利用するのが料金的にも機能的にも推奨できます。
その上で、フリーダイヤルの0120・0800番号をスマホで発着信できるようにするクラウド型電話サービスを探す際のサービスの比較方法や注意点については下記になります。
サービスによっては不安定であったり、使える機能が少なかったり、サポートがないという問題があります。

比較の際に注意したい点

・音質は安定しているか

サービスによっては音質が安定していなかったり、着信を受けれないなどのトラブルがあります。

・電話サポートに対応しているか

ネットワーク環境やアプリなどの環境設定サポートを電話で行っていない場合があります。

・将来的な拡大、台数増加に対応しているか

将来的にスマホ台数を増やしたりすることができない場合があります。

・発着信以外の便利機能が充実しているか

発着信以外の機能は有料オプションか、機能としても未対応の場合があります。

・0120番号の名義を変更しなくても大丈夫か

サービスによっては名義を提供会社に渡さなくてはならない場合があります。

いかがでしょうか?
フリーダイヤルの0120や0800番号をスマホで利用できるクラウド型電話サービスは非常に便利ですが、サービスにより機能や品質に差があります。
電話、特に問合せ窓口であるフリーダイヤルの0120や0800番号は事業の重要なインフラです。将来的な事業拡大を見据え、多機能で汎用性の高いサービスを選ぶことをおすすめします。
クラウド型電話サービスの「GoodLine」は、類似サービスにはない豊富な独自機能が標準で搭載されており3,000円と業界最安値で、
コールセンター向けのプランと同じインフラで提供のため、高品質な通話音質で通話ができます。
もちろん名義はそのまま、電話サポートに対応しており将来的な拡大にも対応が可能です。
フリーダイヤルの0120や0800番号の新規取得もいただけ、現在お使いの番号もそのままご利用いただけます。
また、通話料金も通常のフリーダイヤルと比べ最大90%安くなっております。
ぜひご検討をお願い致します。