NEWS / TOPICS新着情報

クラウドPBX

【格安】フリーダイヤル0120をスマホで利用、スマホだけで電話受付

スマホでフリーダイヤル0120
LINEで送る
Pocket

着信課金のフリーダイヤルの0120番号は、
発信者は通話無料で電話をかけることができるため、通話料金を気にせずに気軽に電話をかけてもらえるということで、昔から電話受付を行うあらゆる業種で利用されています。

そんなフリーダイヤルの0120番号ですが、固定回線の電話番号に特番通知という形で0120番号を乗せることで利用するので、0120番号の利用料に加えて0120番号を乗せる用の固定電話の利用料も別途負担となり、通話料金も着信を受けた側での負担になるという点で、通常の電話番号より多くのコストがかかります。

今回はそんなフリーダイヤルの0120番号を通常より安く、なおかつ固定回線を必要とせずスマホで発着信できるようにする方法を紹介します。

フリーダイヤルの0120はコストを下げられる

実は0120番号はNTTのフリーダイヤルだけではなく各通信キャリアでも同様のサービスがあり、キャリア間での番号ポータビリティも可能な電話番号です。

0120といえばフリーダイヤルのイメージが強くありますが、NTT以外のキャリアでも利用ができるため、0120番号の利用キャリアを別キャリアに変更したり、あらかじめ安い会社を選んで発番することで、大幅に通話料金を下げることができます。

おすすめの0120サービスはフリーボイス

0120番号の取得、キャリア乗り換えでおすすめなのが「楽天コミュニケーションズ」の提供する「フリーボイス」というサービスです。

この「フリーボイス」は、NTTの0120番号サービスのフリーダイヤルと比較すると通話料金が圧倒的に安く、サービスの内容に差はありません。フリーボイスで新規の0120番号の発番もできるほか、NTTの0120番号サービスのフリーダイヤルで利用中の番号を工事なしの契約変更だけで、番号はそのままフリーボイスにナンバーポータビリティしてサービス変更することができるので、すでに0120番号をフリーダイヤルで利用中の場合でも簡単に通話料金のコスト削減が可能です。

使い勝手や番号が変わらず、通話料金がただ安くなるのであれば、利用しない理由はありませんよね?

フリーボイス通話料

参照元:https://comm.rakuten.co.jp/houjin/fv/

個人事業主や少人数事業者が0120をうまく活用するには

0120番号は様々な業種に人気の番号ですが、外出が多く少人数で事業を営んでいる事業者の場合には、着信を事務所で受けることができないことも多く、自分の携帯番号に0120番号の着信を転送しているというケースがあります。この場合、0120番号の着信通話料に加えて通常の通話料より割高な転送通話料も二重で発生してきます。

電話代行サービスを利用して電話を代理で受けてもらうような場合も同様で、0120の通話料に加えて電話代行サービス会社への着信転送の通話料も発生してしまい、通話料が高額になってしまいます。また、どちらも外出先から携帯電話での折り返し連絡になってしまうので、折り返しを受ける側からすると問い合わせした先の0120番号ではない携帯番号からの着信を不審に感じてしまったり、電話に出てもらえないといった場合もあります。

そんな問題を解決するのがGoodLineです。

転送ではない!0120番号はスマホだけで発着信ができる

スマホでフリーダイヤル0120発着信

GoodLineとは市外局番や0120、0800などの固定電話番号を、電話線を必要とせずにインターネット経由で利用できるクラウド型の電話サービスです。従来必要である固定電話を使うための機器をクラウド上に構築しているので、インターネットにつながるデバイスがあれば専用アプリからGoodLineサーバーにインターネット経由で接続し、場所に縛られず固定電話番号で発着信が可能になります。
そのため専用アプリをスマホに入れてGoodLineで発行するIDとPASSを登録することで、そのアプリから固定電話番号の市外局番や0120番号での発着信ができるようになり、利用中のスマホが0120番号で発着信可能な受付電話になります。

また、複数端末(スマホや電話機)で同じ0120番号での同時着信や発信が可能なので、転送サービスのように個人の携帯番号に転送して一人でしか着信応答できないといったことはなく、複数人で着信受付することができます。また、ビジネスフォン機能の内線通話や内線転送ができるので、通話中の通話を他の端末に内線取り次ぎすることも可能です。

GoodLineなら固定電話番号を利用するための固定回線が必要ないので、固定回線の利用料金が発生しないことはもちろん、転送電話サービスと違い、スマホでの利用の場合、アプリが直接着信を受けるので、転送通話とならず割高な転送通話料もかかりません。
折り返しの際にも、お客様が発信した0120番号で折り返せるので、転送と違い携帯番号からの発信にならず心配せず出ていただけます。

発着信だけではない便利な独自機能

GoodLineは、固定電話番号の0120番号をスマホで発着信できるというだけではなく、従来の電話では不可能なビジネスの可能性を広げる便利な機能が、追加料金なしの標準機能としてご利用いただけます。

GoodLine管理画面

便利な機能(一部)

自動音声アナウンスが曜日や時間帯別に流せる

休業日や営業時間外、取り込み中などの音声アナウンスを、いつでもスマホから管理画面にログインして日時や曜日で設定することができます。

1年分の全通話履歴と通話録音が残る

1年分の全通話履歴と通話録音が残り、通話履歴に残したメモや日時、電話番号や顧客名で検索が可能なので、メモが取れない状況での受電内容を後で確認したり、クレーム発生時の言った言わないを防止することも可能です。

過去の発着信本数を通話履歴に表示

電話帳に登録していない電話番号からの着信でも、過去何回目の着信かが履歴に表示されるので、リピーターや何度も問い合わせしてきていただいている方に誰でも気づくことができます。

クラウド電話帳により複数端末間で電話帳や応対履歴を共有

1台1台のスマホアプリに電話帳登録しなくても、GoodLineの電話帳に登録したデータが、連動するアプリや電話機に自動反映されるので、電話帳の共有が可能です。また、電話帳では発着信の応対履歴も残るので、電話帳に登録している会社や人物と誰がいつどんな応対をしたのかを共有することが可能です。

全通話分析で0120番号の発着信内容を「見える化」

何曜日の何時台に何本着信があり、どれくらい受電できていて通話までどれくらい待たせているか、このようなデータ分析が自動で行われ、グラフと表で表示されるので、重要な窓口である0120番号を「見える化」でき、混雑時の把握や広告の反響などをはかることができ、ビジネスの課題を見つけることができます。

スマホアプリでの通話品質は問題ないのか?

このようにGoodLineはクラウド電話サービスとして従来の固定電話と比べて便利にご利用いただけますが、スマホで発着信するとなるとLINE通話やSkypeなどのサービスをイメージされる方も多く、通話品質は問題ないのかという不安があるかと思います。
通話品質に関しては、クラウド電話サービスはGoodLine以外にもいくつか類似サービスは存在しますが、アプリやサービスによっては問題がある場合もあるので注意が必要です。

よくある問題や不具合

・アプリで通話中に携帯宛に着信が来ると通話が切れてしまう

・アプリを常に起動していないと着信が鳴らない

・端末のスペックが低いとアプリが落ちてしまう

・OSがアップデートされた直後に利用できなくなり、アプリのアップデートがなかなかされない

・電波状況に関わらず通話品質が悪い

このような問題がクラウド電話サービスには多くありますので、通話品質や安定性を訴求しているサービスの場合であっても、契約前にアプリの評価を確認したりすることが重要です。

まとめ

このように個人事業や小規模事業では導入するのに様々な課題があったフリーダイヤルの0120ですが、通話料金が安いフリーボイスとクラウド電話のGoodLineを活用することで、スマホのみでの0120番号の利用が可能となり、固定回線の契約の必要なく簡単に0120を利用でき、安い通話料金で便利にご利用いただけます。

またGoodLineは、スマホだけでの利用はもちろん、固定電話機での利用もできるので、スマホだけではなく電話機も利用したい場合や電話機のみでの利用もでき、非常に多くの業種で活用していただいております。

0120番号をお持ちの方や利用を検討中の方は、ぜひGoodLineの利用の検討をお願いいたします。

GoodLineのSOHOプランはこちら