カテゴリー

通信

【東京・大阪限定】NTTよりお得!オフィスや事務所の移転・新設・新規開業の電話番号取得方法

電話番号取得
LINEで送る
Pocket

事務所やオフィスを移転や新設したり、新規開業の際に必ず前もって準備しておかなければならないのが、電話番号の取得です。
事務所やオフィスではインターネットを引かないという選択肢はほとんどないので、電話番号の取得方法でみなさんイメージされるのはNTTなどの通信キャリアにインターネットの移転や新設の手続きを前もって行う際に光回線と一緒に電話番号の取得を申し込むというケースでしょう。

しかし実は東京03番号と大阪06番号に限り、電話番号はNTTなどの通信キャリアの光回線で取得するよりその後の通話料金が安く、圧倒的にメリットの多い電話番号取得方法があるんです。

今回は東京03番号と大阪06番号の賢い取得方法についてご案内します。

東京と大阪の電話番号取得はNTTなどの通信キャリアより楽天コミュニケーションズのIP電話がお得

IP電話とは従来のアナログの電話線を使った電話に代わるITの技術を利用した電話で、電話を利用する際には楽天コミュニケーションズのIP電話であればさまざまなメリットがあります。

事務所やオフィス移転の際、電話番号が変わらない

NTTのひかり電話は住所が変わる場合、近所でないと電話番号を変更しなくてはなりませんが、楽天コミュニケーションズのIP電話であれば一度取得した東京03番号、大阪06番号は移転の際にも電話番号の変更の必要がありません。

基本料金・通話料金が安い・IP電話同士なら通話無料

電話の基本料金もNTTなどの通信キャリアよりも安く、全国一律料金はもちろん、IP電話同士の通話も無料になるので通話料金も削減できます。

高額なオプション料金も格安

NTTなどの通信キャリアでは、ナンバーディスプレイや同時通話数アップ、キャッチホンなどビジネスには必須といえるオプションを利用する場合すべてオプションになり高額になってしまいますが、楽天コミュニケーションズのIP電話であれば格安です。

東京03・大阪06番号も取得できる

NTTのひかり電話を含め、現在電話の主流となっているIP電話ですが、楽天コミュニケーションズのIP電話であれば東京03・大阪06番号、0120番号、050番号が取得できます。

WEBシステムなどと連携がしやすい

IT技術を用いたIP電話はこれからさらに増えていくWEBサービスやクラウドCTI、クラウドPBXなどと連携がしやすく、従来の電話に比べ圧倒的にビジネスでの汎用性があります。

IP電話はクラウドPBXでこそ真価を発揮する

クラウドPBXとは内線作成や着信ルール、アナウンス設定などの会社電話に必要な機能を構築するためのPBX(電話主装置)をクラウド上に構築することで、これまで置き型で高額だったPBXを工事や購入不要の低コストで利用できる次世代型の会社電話システムです。

クラウドならではのメリットが多いクラウドPBXとIP電話を組み合わせることでこれまでは不可能だった様々な機能が圧倒的低コストで構築でき、ビジネスの可能性が広がります。

クラウドPBXであれば、スマホを会社番号で発着信できる内線にでき、全通話録音、全通話履歴を残せ、アナウンスなどの着信ルールも業者工事不要でWEB上で簡単に設定できることから会社電話をWEBで管理でき、見える化も可能といった従来では考えられなかった会社電話システムを構築でき、業者の保守も必要なくなります。

まとめ

いかがでしたか、このようにこれから東京、大阪でのオフィスや事務所の移転・新設、新規開業の際にはIP電話で電話番号の取得をし、クラウドPBXで利用するといった方法がおすすめです。
ぜひ参考にしてください。

クラウド型PBX-GoodLine-の詳細はこちら

株式会社GoodRelations