カテゴリー

クラウド

【これからの法人携帯の常識】法人携帯のコストをなくし不満点を解消する唯一の方法

-shared-img-thumb-MAX_sumahodon20141025170110_TP_V
LINEで送る
Pocket

会社に従業員がいると、従業員用の法人携帯って必要ですよね。
よく個人携帯と会社支給の法人携帯を2つ持ちしている人を見かけると思います。

従業員が取引先と直接やりとりしたり、プライベートと仕事を分けるためにも法人携帯は必要ですが、法人携帯を持つには会社側にも社員側にもいろんなデメリットがあるんです。
現在会社支給の法人携帯を導入している会社様も、導入を検討されている会社様も是非この記事を参考にしてください。

法人携帯のメリットデメリット

会社側のメリット

・会社間の連絡は、担当している営業に直接連絡してもらうことで業務効率が上がる。
・個人携帯を利用してもらうと経費精算が面倒だし煩雑になるが、法人携帯だと請求を一括管理できる
・個人の端末に顧客情報が残らない

会社側のデメリット

・導入、維持コストが高い
・紛失や盗難などのリスクの際の情報管理が難しい
・社員の私用通話まで管理ができない

従業員側のメリット

・経費精算などが厳しい場合でも自分で通話料金を払わなくても済む。

従業員側のデメリット

・休日でも仕事の電話がかかってくる場合がある
・携帯を2つ持ちしなくてはならない
・紛失や盗難などの際責任を負わなければならない

法人携帯にはデメリットが多い、しかし必要

法人携帯

このように法人携帯にはメリットもあれば、デメリットやリスクが多く存在します。
法人携帯のメリットだけを利用してデメリットやリスクを排除できるのが会社にとっても社員にとっても一番です。

現在、電話サービスはそんな課題をいっぺんに解決できるまで進化しているのをご存じですか?
法人向け電話サービスの新定番、クラウド型ビジネスフォン『Good Line』です。

法人携帯はもういらない。Good Lineですべて解決

GoodLine

クラウド型ビジネスフォンの『Good Line』とは、これまで会社電話システムは社内に主装置(PBX)を設置し、電話線を張り巡らす中で内線を構築しておりましたが、この主装置(PBX)をクラウド上に構築することで工事がいらずネット環境のみで導入いただけてロケーションフリーで内線構築が可能な、低価格・高機能の会社電話システムです。

このGood Lineを利用することで法人携帯は必要なくなるんです。

従業員の私用スマホをアプリでそのまま法人携帯にできる

オフィスには個人のデスクに、ビジネスフォンが置かれていることが多いですよね。
ビジネスフォンには個人別に内線番号というものが割り振られていて、内線同士で通話したり、かかってきた外からの着信を転送して取り次いだりが可能になってると思います。

クラウド型ビジネスフォンのGood Lineは、社員の私用スマホに専用アプリを入れることで、社員のスマホがこのビジネスフォンとして利用できるようになるんです。ですから社員間の内線同士はもちろん通話無料、会社の固定電話との通話も無料で利用できるんです。

法人携帯にはできない、豊富な機能でこれまでのデメリットを解消

社員の私用スマホをそのままアプリで会社電話の内線にするので導入費がかからない

社員は携帯の2つ持ちのストレスから解放される

専用アプリからの通話はすべて会社電話と一括請求なので経費精算が楽。

社員のスマホが会社の内線になるので、外出中の社員に電話の取り次ぎができる

名刺に内線番号を記載すれば、会社の電話番号の後に内線番号を押してもらえば直につながる

Good LineのWEB管理画面で内線ごとの通話状況をリアルタイムに確認できる

内線ごとの全通話履歴と全通話分析で、誰がいつ誰とどれくらい話したかなどがすべて見える

携帯からの通話も全通話録音が1年間残るので、聞き間違いや聞き忘れ、言った言わないなどのトラブルがなくなる

携帯から固定電話あての通話でも、3分8円の固定電話の通話単価で通話できる

クラウド電話帳で、個人の端末に顧客情報が残らない

紛失や故障時も、管理者が管理画面から該当端末の情報を24時間管理可能

これからの法人携帯の新常識

このように、従来の法人携帯にくらべ圧倒的にメリットの多いクラウド型ビジネスフォン『Good Line』ですが、近年は携帯キャリアからも法人携帯の通話定額や、法人向けのお安いプランなどがでており、コスト面では比較的低コストで利用できるようになってきました。
しかしまだまだ2つ持ちのストレスや紛失、盗難リスクに加え、契約には長期の縛りがあったり、社員の退職などの際に柔軟に増減ができない等の課題が残っております。

BYODがトレンドになっている現在、メールは私用の携帯で会社メールを使い、通話は法人携帯を使う。こういった不自然も無くなります。さらに外出が多い社員には固定電話のビジネスフォンの購入の必要が無く、私用のスマホを利用することで固定電話自体の必要もなくなります。

法人携帯をすでに導入している会社様も導入を検討している会社様も一度このクラウド型ビジネスフォン『Good Line』をご検討ください。